小学生向けプログラミング教室『プロスタキッズ』を採択

株式会社ミスターフュージョンと香川県難聴児親の会

総務省による「若年層に対するプログラミング教育の普及推進」事業、小学生向けプログラミング教室『プロスタキッズ』を採択しました。その一環として香川県高松市にて「プログラミング講座」の企画・運営、 管理を行います。

株式会社ミスターフュージョン

総務省「若年層に対するプログラミング教育の普及推進」事業

総務省

総務省「若年層に対するプログラミング教育の普及推進」事業とは、 平成28年度予算より障害のある児童生徒もプログラミング教育を円滑に受けられるように、 個々の障害の状態や特性に応じた実施モデルの実証を行うものである。この流れは2020年から実施予定の小学校でのプログラミング教育必須化へと繋がり、 今後不足が予想されるIT技術者の育成を促す為の実証事業。

難聴児に対してのプログラミングの授業 障害のある児童生徒を対象

株式会社ミスターフュージョンと香川県難聴児親の会

今回の事業は、『プロスタキッズ』と香川難聴児(者)親の会との事業で、 難聴児に対してのプログラミングの授業 障害のある児童生徒を対象に、 個々の障害の状態や特性に応じた実施モデルをクラウドを活用しつつ実証し、 全国に普及させる事を目的とした、 総務省主導のプロジェクトです。

 

この授業では、 3つの試みが行われます

株式会社ミスターフュージョンと香川県難聴児親の会

この授業では、 難聴児の習得難易度を下げるため、 3つの試みを行います。

  1.  UDトーク・こえとらというアプリを利用し、 メンターが話した内容を文字化し、 聞き取れない・聞き取ったことを正しく理解できないということを防ぎます。
  2. 現在学校現場で使用されている補聴支援機器の利用で補聴器や人工内耳に直接音を伝える装置で対応します。
  3. プログラミングをビジュアルプログラミングにして、 ある程度見て理解出来るものから始めるという点です。

以上の点を抑え、 難聴児に対してプログラミングの習得に対しての実証を致します。

2017年時点で不足しているIT人材は17万人

現在、 厚生労働省が発表している障害者総数は約788万人、 2017年時点で不足しているIT人材は17万人です。 本取り組みの中で、 2%の人材を教育することができればIT人材の不足を補うことができ、 且つその方法をクラウドやITを使うことで横展開がしやすく、 「すべての人に創る力を」つけてもらうきっかけを創りたいとのことです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「学研の学習参考書」と「20万人の三日坊主を防止したアプリ」がコラボ!

女子中高生の最新情報はLINEニュース、ツイッタートレンドで収集

「キットカット」の次は「オレオ」androidOS名に商品名が!

R2-D2の声がでるだけで楽しくなる「DROID INVENTOR KIT」

高さと角度に調節できるテーブル「100-DESK040M,100-DESK044BK_M」を発売

ソファーサイドやベッドサイドで便利な角度が調節できるサイドテーブル

SkyPixelは、 2017年度の空撮映像コンテストのグランプリと入賞作品を発表

世界中から応募された空撮映像からグランプリを発表