楽しみながら毎日の習慣を作る子供向けスマートウォッチ「OCTOPUS」販売開始

毎日の習慣を作る子供向けスマートウォッチ「OCTOPUS」販売開始

子どもたちに時間を守る習慣をつけさすのって結構大変。「歯を磨きなさい」「学校の用意はできた」などなど、時間を守らないとついつい小言の連続。お子様をお持ちの方なら誰しもが経験されたんじゃないかと思います。

子どもたちが楽しみながら時間の管理をできるウェアラブルがでないかなと思っていたら、ソフトバンク コマース&サービス株式会社から、 2017年9月15日より、 フランスのJOY社が開発した毎日の習慣を作る子供向けスマートウォッチ「OCTOPUS(オクトパス)」の販売を開始します。

「ご飯」や「歯みがき」など約400種類のイベントをスケジュールに設定

「OCTOPUS」は、 楽しみながら毎日の習慣を作ることができる子供向けスマートウォッチで、 スマートフォンとBluetooth(R)で接続し、 「ご飯」や「歯みがき」など約400種類のイベントをスケジュールに設定することで、 時間になるとアイコン表示と振動でお知らせしてくれる。これなら、子どもたちも楽しみながら行動することができる。

行動した後は、時計のボタンを押すとイベント完了が記録されるので、 親はあとからスマートフォンでイベントの実施状況を確認することができ、 お子様はゲーム感覚で楽しみながら日々のルーティンワークを繰り返すことで、 少しずつ良い習慣が身につき、 責任感や自立心、 自尊心を育てる手助けをします。

起きる時間になったら光って教えてくれるタコ型ライト

起きる時間になったらライトがつく設定も可能なタコをモチーフにした可愛いキャラクター型のナイトライト機能付き充電台。子供が愛着を持って毎日時計を身に着けられる工夫が施されています。このナイトライトは充電器+ライトとして使用でき、アプリから自動オンオフの設定も可能。ちなみにライト単体では使用できません。

充電時間は約80分で、連続使用時間は約72時間なので2〜3日はバッテリーが持つので、スマートフォンのように充電の煩わしさはないかと思います。

Kickstarter と Indiegogoなどでアメリカを中心に25,000台の受注

ちなみにOCTOPUS(オクトパス)は、既にKickstarter と Indiegogoなどでアメリカなどを中心に25,000台の受注をしており、 1967年から毎年開催されている世界最大の家電見本市「CES 2017」では、 傑出した技術やデザインの製品に贈られるINNOVATION AWARDを受賞しています。

SoftBank SELECTIONオンラインショップで販売

本製品は、 SoftBank SELECTIONオンラインショップで、参考標準価格11,852円(税抜)販売します。

対応機種はiPhone・iPadで、iPhone 5s/iPhone SE/iPhone 6/iPhone 6 plus/iPhone 6s/iPhone 6s plus/iPhone 7/iPhone 7 plus/iPad Mini 2/iPad Mini 3/iPad Mini 4/iPad Air/iPad Air 2/iPad Pro

■製品の詳細・お問い合わせ
https://www.softbankselection.jp/cart/ProductDetail.aspx?sku=4589781375003

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「キットカット」の次は「オレオ」androidOS名に商品名が!

ドローン米

「ドローン米」購入で農業体験等に無料参加

女子中高生の最新情報はLINEニュース、ツイッタートレンドで収集

YouTuber Academy

”YouTuberになる”から学べる小学生向け教育プログラム「YouTuber ...

DJIがIFA 2017で2種類のドローン新モデルを発表

iPhone5sをiOS11にアップデートしてみた結果はどう